FC2ブログ

風土に合った木の家を造りたいですね。【調布材木屋社長のブログ】

集成土台
最近通りかかった現場での土台の写真です。今では家の土台までも集成材が用いられるのですね。100%構造軸組み木材は集成材でまかなわれる時代に成ってしまったのでしょうか?
非常に淋しい気がして成りません。
昔の言葉に「シンがある男」などと言われましたが、そのシンとは木の芯部分(年輪)の事ではなかったのでしょうか??
今では土台までも芯が無く成ってしまいました。
風土に合った家造り芯の強さとはどこに行ってしまったのでしょうか?
私だったら絶対年輪がつんだ国産木材の芯持ち角材をお勧め致します。
家を買う人、建てようとする人、木の特長、性質を把握してもらいたいです。ホント””
サブちゃんの「年輪」を聞いてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード