FC2ブログ

神社新築の材料検品です。

神社の材料
神社本殿新築に使われる柱を仕入れて来ました。そして関係者の方と材料の検品作業です。
すべて奈良県吉野ヒノキです。
ヒノキ材も30年前に比べたらずいぶんお安くなりました。品物は乾燥材で等級もかなり上材です。こうしてまだ日本が生み出す自然の宝を使おうとしてくれる方がいる事にうれしさを感じます。
仕入は材木を見れる人間が結集して予算に応じて材を探します。
材木屋は修行と経験、見る目、能力が必要です。
スポンサーサイト



真壁工法の和室文化を継続させてほしいものです。

egawa.jpg
先週お客様の懇親旅行で伊豆、韮山の世界遺産に登録されました反射炉とそれを作り出した江川お代官さまの江川邸を見学させて頂きました。築600年と言われる江川邸はこれまで一度も火事や地震の被害でその姿を変えた事は無いそうです。
日蓮聖人様直筆のお札が天井の母屋部分に収められているからとの事でした。
日本古来の和室の間、障子と柱で出来ている和室本来の部屋です。
近年は和室があっても地震に対する構造計算などから、この様な柱で支える柱を見せる和室がほとんど見受けられません。
実際はこの様に600年の月日に耐えてこられているのですから、合板等で支える構造よりも経年耐用には強いのではと私は思います。
歴史、故人が残した知恵と文化を今もう一度振り替えっても良い時期ではないのでしょうか?いくら現代の構造進化が進んでも、それらをデーター重視で対応しようとすれば、人は過失を犯してしまうものです。
遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード