FC2ブログ

おほめの言葉頂きました。[東京調布材木屋社長のブログ]

調布の現場で中古住宅を購入し自らでリフォームされているお客様にほめられました。彼曰く「よいしょ”するわけでは無く、ホントこの現場を直す為に色々のホームセンター等をネットで調べそして出かけて必要とする資材を購入しましたが、結果的には近くにあった材木屋が一番良かったと言って頂きました。プロショップと謳っているホームセンターの材木、ベニヤでも明らかに物の質が違う事に気が付いたと言ってくれました。

いくらネット社会でも建築資材調達は難しいのでしょうか?
材木屋さんは配達もして頂けるし資材の説明もして頂ける。ホント勉強になりました。とも言って頂きました。
うれしかったです。これからも用途、価格、質について尋ねて頂き、無駄無く良いリフォームが出来ます様陰ながら力に成りたいと思いました。「ありがとうございました」
スポンサーサイト



大工職人の質がもっと全面に出るべきでは?[東京調布材木屋社長のブログ]

遠州屋の取引先建築会社で主に設計事務所の仕事を請け負う会社があります。
正直、既製品はほとんど使わない為、施工が大変だと思います。もちろん変更もあるし、監督さんもそりゃ大変です。現場が(生き物)だと実感します。でも大工さん達の職人としての腕は本当に優れている人が多い事に感心します。
ある大工さんが言っていました。「そりゃ、変更があると壊したり、段取りが狂うし大変だけれど建て売りや既製品を組み立てる家造りよりは遥かにやりがいはある”俺にしか出来ない仕事で現場を納めて見せる自負はあるよって」
職人の質の差は技術はもちろん。あとは仕事に対する意気込みだと感じます。

早く家を造り上げる事でコストを落とすローコスト住宅とは明らかに違う事は造り手の質 家(住宅)本体の質だと思います。
これは、賛否両論あるだろうけど・・・

いや~知らなかった千金堂ってハウスメーカー[東京調布材木屋社長のブログ}

今日まで「千金堂」って言うハウスメーカーがある事知りませんでした。タマホームと競っている低価格での注文住宅メーカーらしいです。ホームページを見ると大学なんって言う研修部門だかなんだかわからないページも発見です。 しかし99円ショップはあるけれど千金(1千万円)で家が建つなんて堂々と謳う事にびっくりです。

でも良く見ると家を造り完成するまでの様々な肝心な書類、設計、給排水に関する部分が含まれていない事も事実見たいですね。消費者の皆さん予算を抑える事が先走り、せっかくの注文住宅を造る選択肢を間違わない様しっかりと見極めてくださいね。安く出来る様に皆が企業努力しています。

弊社も昨年ちょっとした知り合いのお宅を材料と工事分業で直売の家、坪単価を抑えた住宅造りに挑みました。
もちろんほとんど施主様の希望を取り入れさせて頂いたつもりです。

素敵な家です。[東京調布材木屋社長のブログ]

レッドシダー羽目板
昨日、弊社お客様の新築物件へデッキ材を配達しに行き、最後の追い込みに(完成)掛るお宅を拝見させて頂きました。内装の壁や階段廻り床等に無垢材を使われており、間取りデザイン共に久々に素敵な家と感心させられました。さすがに注文住宅です。メーカーの家造りとは明らかに違うと思います。
住宅造りは何に目を向けるかです。

日本の森の状態は・・・?このグラフから何が読み取れる【調布材木屋社長のブログ】

森林築積
1996年までの日本の森林における木材蓄積量のグラフです。近年の調査グラフは無いのかも知れませんが、40~50年前に比べると森林の中の木材量が約2倍に増えています。一般の方々はどう思うのでしょうか?
木が増えて健全な森林が保たれていると思うでしょうね・・・?
でもこれは違います。日本の木が使われないから、森の中が整備されず(間伐)どんどん増えて行った証です。
森は満員電車の状態で太陽の日が当らず、土壌が悪くなり、大雨による土砂崩れの要因がこのグラフの裏に隠された事実です。日本には素晴らしい木材と言う資源があるのです。家造り、棚作り等には日本の木材を使いましょう。

tag : 日本の森

国産材杉無垢注文加工材【調布材木屋社長のブログ】

現場加工材
国産材杉無垢注文加工材です。結構巾広のひき違い戸の鴨居です。確か長さは剥いで作成したと思います。
集成では出来ない物、集成よりコストダウンし現場に提供する。それが材木屋と建築屋、加工所の連携プレーの良さで可能にします。無垢の良さを提供させて頂きました。

上手でしょ!【調布材木屋社長のブログ】

米松貼り加工
長手方向の米松の梁材、実は150巾厚み9mmに作った米松無垢材を既存の古い梁材にかぶせた物です。
大工さんの技術上手でしょ”!目を合わせ、本物の無垢の一本物にしか見えません。コーナの小口処理、貼り合わせが非常にうまいです。熟練された大工さんは大した者だと現場で感心させられます。

私は注文を受けた寸面に適した板を探し当て加工に出すだけですが・・・。
資材を提供する側として、こんなにきれいに作られていると本当にうれしく思います。
家を素敵に改築する為に人の細やかな技術、丁寧な仕事が提供されています。お客様の希望に添う為の材木屋と大工の連携プレーです。たがが化粧梁されど化粧梁リフォームのきめ細かさであり、大工技術の差がこう言う所に表れると思います。

tag : 大工の匠

遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード