FC2ブログ

住宅の健康(長持ちさせる住まい造りとは)

和室4分板施工
この写真を見ても一般の方々には何にも解らないと思います。
そして、この家のオーナーさんですら、説明されても理解出来ないのではと思います。
答えは、昔の家造り和室の畳下地には杉材の12mmの無垢板を貼っていたのです。確かに昔はラワン合板が無かったのでその工法が当たり前であったのですが、しかしこれが長持ちします。今週末あるお客さん宅の畳下地を見た所築35年位の家ですが杉12mm無垢板が貼ってありました。35年間何も瑕疵が出ないとおっしゃておりました。
そしてこの写真の住宅は昨年新築工事したお宅ですが、ここを請け負った工務店さんは、昔ながらの12mmの無垢杉板を貼ったのです。何気ない事で、下地なので従来表だっては見えませんが、この家が長持ちする事は合板を貼った工務店とは、20年~30年後に差が出る事でしょう。
ここにこんな小さな事が家の寿命を左右するのです。経験を積んだ町場の工務店とはこんな目立たない所に当たり前に気を配れるところが違う事、家を建てようとする人がそれを知ってくれたらと思う次第です。
見えない所こそ肝心なのは、自分の身体に例えればわかるはずですから・・・
スポンサーサイト

我が家のニャチキダニャ~

フウタロウ
みなさん今晩は、我が家のねこにゃんの風太郎君です(フウタロウ)昨年のブログにも書きましたが、昨年6月に拾って来たトラねこが約半年経ってこんなにも大きくそして可愛く成ってしまいました。
片目は生まれつき?の感染症にかかっていた為やはり手術を受け左目を切除してしまいました。(可哀そうだけど・・・)本当に、銭ゲバの風太郎に成ってしまいました。でもその後は元気に家族の一員として暮らしています。

カラスに襲われ死にそうな子猫を救助し家族にした時にはちょっと不安が有りましたが、今では私の仕事の疲れを癒してくれる可愛い猫ちゃんです。
良かったね風太郎君、これからもおじさんつらい時が有るけれどいつまでも可愛く癒してください。
家族みんなが、いつの間にか猫大好き一家に成ってしまいました。
風太郎専用ウサギの形をしたフアフアハウスでお眠りの所をパチリ!でした。

国産材(木材)を使った家造りPRです。

国産材ノボリ
遠州屋のお得意様 株式会社落合建築様(弊社のHP工務店紹介にもアップしています。)の今現在進行中新築現場にて国産材を使った家造りを守る会で作成したノボリを上げる事に致しました。
もちろん、地域に密着した工務店であり、基礎の構造材の柱、土台などは国産材無垢ヒノキが使用されています。
一般の方々には、住宅造りは特に見えなくなってしまう部分に関しては、何を使っているかには、あまり関心が示されません。しかし、長期に亘って家を持たせるには、骨組みが一番大切です。日本の風土に合った材料、古来から使用されている国産木材が一番優れているに決まっています。だって実績がある材料、住宅は国産材を使った家しかないのだから・・・・!
現場でこのノボリを見て頂き是非現場大工さんに声を掛けて頂ければと思います。
なんったって、やはり答えは現場にありますよ。出来あがった展示場では、本当の中身は見えませんよ。職人が家を造るのです。ネクタイを締めた営業マンは家を造れません。
これから、遠州屋のお客さんが造っている現場にこの旗を沢山立てるようにします。

材木屋として決意

今週1月20日から中野駅北口で新規オープンさせる店舗の工事がスタートしました。
遠州屋のプロデュース物件です。昨年末にお話しを伺い、お会いさせて頂き、見積と図面を作成この度縁あって工事をやらせて頂きました。お客様の想定予算内で「思ったより素晴らしい物が出来た」と言って頂ける事を強く決意し工事を進めて行く所存です。
見ず知らずの人が我々を信じて任せてくれる事その勇気に対し決して期待を裏切らぬ様と思っています。

出来あがって引き渡すまでは、工事する側より、依頼者の方がどれほど精神的に大変で有るかは解っていますから。
頑張ります。そして喜んでもらう為に・・・!プロとして!

住宅エコポイント本格スタートか?

本日2010年1/15日日本経済新聞朝刊に住宅エコポイントの骨子が書かれていました。
本年12月までつまり一年間を目安に住宅活性化の為、国の補助的業務である。
対象分野は主に断熱性能、太陽光発電、サッシの機密性能なのであって、私達材木屋が本来望む住宅エコである。
国産木材使用と言う項目は一切含まれていない所に寂しさを感じます。
国産木材を使用する事で森林の循環が図られCO2削減に成る事は国土交通相、そしてもちろん農林省の林野庁は知っている事で何故、ここを今回のエコポイント対象分野に推奨してくれなかったのか残念で仕方ないと思うのは私だけではないと思います。
国産材使用住宅の定義が難しいのは解りますが、ここは、木材業界団体のトップに立つ人が強くある面強引に推奨すべきだと思います。なぜ、いつも我々木材業界のみが取り残されるのでしょうか?
こんな事をしているから材木屋は衰退していくのです。
もういい加減に業界団体トップの人間は自分の名誉勲章ばかりに目をくれず、捨て身に成って働いてほしいと思います。
建前の挨拶が益々薄ペラク感じるのは私だけでしょうか・・・・・?
もし、出来るのならば、今からでも国産木材使用、合法木材認定の住宅エコポイント加入の署名運動でもしてみたい気持ちです。

明けましておめでとうございます

2010新年写真
2010年新年明けましておめでとうございます。弊社(遠州屋材木店)も明日6日仕事始めと成ります。
お陰様で昨年2009年も無事に仕事を行わせて頂きお客様は本より各関係方面の方々には大変お世話になりました。
これも、皆さま方のお陰と心から感謝致しております。本当にありがとうございます。
さて今年一年2010年ですが、これまた厳しい一年に成る事は確実と肝に銘じておる次第です。我が住宅業界におきましては、国民の皆さまの雇用不安定、デフレスパイラルによる価格破壊、そして働く労働者への賃金削減等の連鎖から、住宅購入、リフォーム等への意識の薄れは必然と成る事でしょう。しかし広い東京を基盤とする住宅資材流通業者として、優れた技能と知識を持った工務店、大工さん達と力を合わせこの難局に立ち向かいたいと思っております。
私のこの一年、木材流通の業者として、あらゆる資材の取引をより円滑に行い、現場での利便性をアピール出来る業者で有りたいと強く思います。東京で最も便利なそして豊富な知識を持った材木店と言われる様頑張ります。
どうか今年一年宜しくお願い申し上げます。
遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード