FC2ブログ

現場での要望

現場での建築資材の要望が明らかに変化しています。
まず、現場でごみを出したくない。それから、現場では加工する場所が無いし、かと言って前もって加工等小造りする加工場所も都心では無いのでしょうね、ではリフォーム現場で既製品のメーカー物で数に無駄なくなお且つ、色も形も合わせられるか??と言えばそれはおそらく難しい事でしょう。
そこで、すべて現場での加工図を基に弊社が加工注文に応じている事でお客様のお役に立てれる機会が非常に多く成って来ています。
もちろん、価格に際しても、十分に見積もりに応じる努力をしています。
そして、言われた納期に必ず間に合わせる事です。
昔はすべて大工の仕事でしたけれど、こう言った分業発注も時代の変化でしょうかね?
スポンサーサイト



アーバンエステート問題

今週のワイドショー番組にアーバンエステートの問題が頻繁に取り上げられていました。
住宅新築資金を前払いしたのに、会社が倒産(破産)した為、マイホームが建てれなくなってしまった重大な問題です。これは、詐欺か?それとも仕方なくなのか?
それによりこれから家を建て様と計画中の施主は、業者選びにより慎重に成らざるを得ない状態です。こうなると、有利なのは、大手ハウスメーカーです。
一般人も、まずは安心をから選ぶ比重が高いからでやむおえないでしょうね!
しかし、ここで材木屋からの意見です。
私達販売先の工務店は弱小ばかりです。でも技術はあります。お客様の注文に答える本当の注文住宅を築いてくれます。でも信用が・・・?
しかし、仮に潰れそうな工務店だったとしても、そう言う業者ほど、最後の完成した資金が欲しいから、逆に最後まで仕上げます。その工務店に資材を納める業者も、この工事が終われば工務店からの支払いがあると信じて、納品、また工事もするのが常です。
せっかくのお客さんの工事を途中で止める事はよほどの事がない限り無いと思います。
引っかかるのは、業者であって、施主は大丈夫の確率は高いのが町場の工務店です。
ま”そんな工務店はめったにありませんので安心してください。
以上は一つの例として考慮頂ければと思いますよ。
では、施主に成ろうとしている方々へ、「安くて良い家造りなどは、限度があり、たいがいは不可能です。」スケベ根性は禁物です。甘い勧誘だけはご注意ください。

日本の文化そして今後の環境の為に使ってもらいたいヒノキ材

ヒノキ無垢年輪
ヒノキの無垢柱です。すごい年輪でしょ!
遠州屋の在庫品です。
40本くらい、増築現場に出る材料です。
もちろん、大工さんの墨付け、手刻みです。
この様にまだまだ無垢の材木国産材はたくさんあります。
いや、有っても使ってくれる建築屋さんがいなくなって来ています。
日本の文化の木の住まい造り、今の分譲住宅などは木造住宅では無いと言っても過言ではないと思います。集成材だらけのプレカットした家などは!

木の良さはそれを材料として細工できる大工さんの腕がなければ生かされません。
住む人、家を造ろうとする人は、見えない部分にこそしっかりとした材料を選べる選択視がほしいです。
もっともっと安くて良いこの様なヒノキの材料を使って欲しい!本当にそう毎日思っています。
遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード