FC2ブログ

京都議定書の危機

森林
「森林のCO2吸収量、2020年には2割減」 ≪人工林の高齢化で生長量低下、造林対策が必要≫
国内森林が吸収する二酸化炭素C02量が2020年頃には現状よりも2割程度減る事がわかった。
2013年以降の温暖化対策を議論している政府の中期目標検討委員会(座長:福井俊彦、前日銀総裁)が2月24日に開催した会合で、天野正博、早稲田大学大学院教授が将来推計算を示した。
その理由として、人工林が高齢化して行くと成長量が低下し、CO2吸収量もダウンして行くためと指摘している。一定の吸収量を維持するためには、造林(新規植林、再植林)の推進などで齢級構成の若返りを図る必要がある。日本林業は、「育てる」時代から、ようやく、「利用する」時代を迎えているが、さらに「次代の森林を育てる」ことを視野に入れる事が求められる。但し、造林を進めるには、林業の採算性向上が不可欠。「伐ったら植える」循環システムを早期に再構築しないと、国内森林の老化が益々進行し、吸収量の確保もおぼつかなくなる事が危惧されている。
(以上林業技士ニュースより)
以上の記事で一番の注目は森林は国産木材(杉、ヒノキ)が住宅資材として使われないから、採算性が出ない、だから循環しないのです。
私のHPにもう10年以前から訴えているように、国産木材は外材よりも安いのです。
だから家の材料など、建っていれば何でも良いと言う感覚では無く、環境面から資材の指定をした家造りをもう一度考えてみてください。
スポンサーサイト



日建上棟
4月21日22日でお客様、「日建リフォー」様が上棟しました。
この物件は、川崎市で一軒奥ばった場所の家を取り壊し新築する物です。
当初確認申請を作るに当たり現代の住宅法には、非常に厳しい条件だそうでしたが、お隣の方のご協力により新築出来る様になったそうです。今日この頃近隣の方とは仲があまりよろしくないと言う世相ですが、こう言った方々もまだ存在しておられると言う事で、世の中まだまだ見捨てた物では有りませんね。住宅は木造在来工法、ホワイトの集成材はあえて使わず、無垢の乾燥杉材でプレカットをさせました。少しでもハウスメーカーとは違う、地域の工務店が直で請ける工務店らしい材料で家造りをして頂きました。心温まる方々には、息をしている暖かな本物の木の家、国産材を使った家造りが似合いますね。これから完成に向けて皆でがんばりましょう。
これからも宜しくお願い致します。

愛犬家リフォーム完成です。

DSC00070.jpg
愛犬家リフォーム部門で工事をさせて頂き、お客様にご満足頂きました。
愛犬の名前はインディー君。写真を見ての通りとっても可愛いホワイトのテリアです。
マンションの9階でこの部屋のみにベランダがあるとっても素敵なお部屋です。
窓の部分が半円状態なのでここにインディー君の日向ぼっこのくつろぎの場所を設け、下は収納と言う空間を素敵な場所へと変身させました。
価格と出来栄えにお客様も満足して頂きました。その証拠に次の追加工事も始まります。

素材も鏡面材の白を用いお客様の当初の理想とする構想図以上の出来栄えと喜んで頂きました。
詳しくは遠州屋材木店のHPフォトアルバムでご覧ください。
お客様もとっても良い方々です。本当にありがとうございます。そしてこれからも宜しくお願い致します。
その場所に適した物を組み立てる技術と納得、満足して頂ける価格と期待を裏切らない素材を提供出来た事に仕事の醍醐味を感じました。(当り前の事ですけれどね!)

住宅造りいったいどこに頼んだら良いの?

しかし、ここ最近、浜松本社の富士ハウスと埼玉川口を拠点とするアーバンエステートの中堅ハウスメーカーと言って良い2社が倒産してしまった。倒産と成ると、この2社に納めていた取引業者の債権が焦げ付き連鎖倒産に追い込まれる所もあり大変だろうが、このハウスメーカーに依頼中の施主(一般市民)が家を完成出来ずにいる方々、もちろんお金は払ってしまっている方達が被害に遭い本当に気の毒な思いをされていると痛感致します。
では、どうしてこの様な事がいまだに起きるのでしょうか?運が悪い、騙されたと嘆き怒り、そして悔やむでしょう?
でも、もしかしたら、業者を選ぶ時に安さの欲に駆られたのでは無いでしょうか?
アーバンエステートの場合坪24万5千円で13,5mm(4寸5分角)の家造りを謳い文句にしていたようですが、現実町場の工務店では絶対に不可能です。完成住んでいるお客様の家を訪問して・・・と聞きましたが、何かネズミ子ルートの匂いがしませんか?
とにかく、住宅造りには劇的な安さはあり得ません。材木他住宅資材を仕入れている我々がその仕入れコストを逆から積算しても24万円などは無理です。(倉庫見たな家なら可能ですが)
もう少し、疑って見るべきで無かったでしょうか?
では、大手ハウスメーカーが安心ですか?
それは考え方次第です。
地域で根付いた材木店、工務店をもう一度検討して見てはいかがですかね?
私が紹介して建てる工務店ならば遠州屋が完成保障の連帯保証人に成っても一向に構いません。
そのくらいの自信と信用は持っているつもりです。
もし、建設中に思いがけないトラブルが生じても、まだいくらでも次に繋げてくれる大工はいますから、

写真を掲載します。

昨日の「イチョウの嫁入り」記事で写真を掲載させるつもりでしたが、操作に失敗した為改めて載せてみます。これは本当はテーブルにでも使用して頂くかと思いましたが、真ん中の部分のみ割いて使う様です。DSC00081.jpg

イチョウのお嫁入り

本日4月9日イチョウの天然木板1820×500×95 2枚 1820×450×95 1枚合計3枚が弊社お得意様工務店に売れました。約半年間の在庫でした。千葉の記念市で仕入れた物で、材は乾燥し素晴らしい状態です。
3枚で7万円の特価です??
使ってくれる人がいれば我々材木屋は仕入れる事が出来、人に渡って新しい製品へと姿を変えて消費者に届く、それはうれしい事です。
また、安くて良い板が有れば仕入れて来たいと思いますよ。
でも、加工出来る職人さんが減って来たのは事実なので、これから先腕の良い職人さんと出会いたいと強く思います。

手作り住宅の危機

3月31日日本経済新聞朝刊社会面に記載されていた記事です。伝統木材工法では確認がなかなか取れず取れたとしても時間が一年以上掛ってしまい、このままでは、伝統工法の木造住宅は建てれなくなってしまうし、従来の基本に適った木造住宅をこの工務店、大工さんで頼みたいと言う施主さんがいても出来なくなってしまうとの内容です。
今の住宅の質が悪すぎるし、工期も早く早くで住宅までユニクロ化している為こう言う文化が朽ちて行くのでは無いのでしょうか?
200年住宅とは何か?日本の環境を守るため林業を継承させる本質的な根源はどこに有るのか役所、国も改めて考えるべきです。
ヒューザーや一部の悪徳ごまかしの分譲住宅屋がいるお陰で皆が同じだと!そして規制を強化すれば良いと言う非人道的法に対し矛盾を感じます。
地域の大工さんにはそんな事をする人はいませんから、
この問題は規制を強化すればするほど、負の効果に転じる気がします。
もっと人を信じて、お客さんが納得すればその工事店との責任で処理できる人と人とのものづくりを
信じた許可を認めてほしいと思います。

続きを読む

遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード