FC2ブログ

日本の森の状態は・・・?このグラフから何が読み取れる【調布材木屋社長のブログ】

森林築積
1996年までの日本の森林における木材蓄積量のグラフです。近年の調査グラフは無いのかも知れませんが、40~50年前に比べると森林の中の木材量が約2倍に増えています。一般の方々はどう思うのでしょうか?
木が増えて健全な森林が保たれていると思うでしょうね・・・?
でもこれは違います。日本の木が使われないから、森の中が整備されず(間伐)どんどん増えて行った証です。
森は満員電車の状態で太陽の日が当らず、土壌が悪くなり、大雨による土砂崩れの要因がこのグラフの裏に隠された事実です。日本には素晴らしい木材と言う資源があるのです。家造り、棚作り等には日本の木材を使いましょう。
スポンサーサイト



tag : 日本の森

改めて知って頂ければ・・・・と思います。【調布材木屋社長のブログ】

製材品使用率
国内における木材製材品、チップ、合板の使用率のグラフです。
もう何年も前からほぼ変わらないデーターです。
日本は世界第2,3位とも言われる森林保有国です。国土の約70%は森林です。
なのに国内で使われる木材製品のほとんどが輸入でまかなわれてしまっている事実を国民は知っているのでしょうか?もちろん普段の生活にほとんど差し支えが無いので感心は薄くても当然だとは思いますが、
でも何故日本の木材を使わないの?森林の状態は健全なの?このままで自然は守れるの?
林業なんってもう要らないの?など不思議に思って頂きたいグラフです。
森林が無く自給出来ない国などでは、日本は外国の木を輸入して国内の木を使わないのは、いざと言う時に貯めてあるからだ”などとも思われているそうです。
世界に誇れる自然の資源が在るのに、それを見殺す日本人の木に対する考え方をもう一度改めて問いたいです。
「木たるべき時代」がくる為に・・・

まだまだいるのです。木を使いたい人”【調布材木屋社長のブログ】

今時では本当に貴重な無垢使用
弊社で納めさせて頂きました和室の材料天然無垢杉赤長押(なげし)材です。きょう日、和室が有る住宅造りも少なく成っているし、まして長押を付ける和室は無く成ってきました。もしあったとしても、長押は貼り物で納めてしまいます。
しかし、この物件のオーナー様はあえて無垢にこだわりました。(天井はイナゴ貼り無垢天)やはり長押が有ると和室が引き締まる感が有ります。日本の文化を継承して頂ける貴重な施主様です。

自然の木材(国産材)は時間が経てば経つほど木の深みをおびた色合いと艶を出して来ます。人間も木も自然界から生まれた物だからこそ経年の味艶を出せるのです。
貼り物でごまかす家造りとは違う点を知って頂きたいと思います。

古民家を見学して思う事【調布材木屋社長のブログ】

古民家写真1
今週の日曜日生田緑地へ行ってきました。そこに古民家が移築保存されています。
それぞれ地域別に配置されており、建物の一棟一棟個性が有りました。
写真の柱は杉の無垢材3000×105角です。すでに120年以上昔の建物です。日割れは入っていますが平成の現代までしっかりと家の材として建っております。
現在の様に柱に割れが入ると欠陥だから無垢材は使えないなどと言う建築家の人はこの様な古民家を見たらひどい家造りだと言うのでしょうか?
この当時は杉柱一本がきっと貴重な材だったと思います。
今でも住めるかどうかは別としても、こうして材木が家の材として、存在し続ける事に木の素晴らしさ強さを知ってほしいものです。
(ちなみに3.11の地震でも倒壊どころか傾いた家は無かったとそうです。)

夏の暑さを防ぐには・・・・・【調布材木屋社長のブログ】

6月スタート、今年は昨年に比べると今の所暑さは感じず、スタートは上々と言えるかな?

昨年は本当に暑かったから、本当に大変でした。今年は電力不足の為エアコン ガンガンとは言えませんね。
さて、暑さを少しでも軽減する作戦は・・・・?

屋根裏、天井に杉板を貼るのが良いですよ。
無垢材(材木の)熱伝導率は低いのですよ。
「論より証拠、」フライパンの取っ手部分は木で出来ているでしょ””

屋根からの暑さ、熱気が夜まで室内にこもるから、暑いのですよ>
特に最近の屋根はカラーベストで薄いから、そして天井裏も採って無いし、

杉板を貼る事で暑さ対策なんて、一般の方は気が付きませんよね。
でも、効果抜群だと思いますよ。
今年の節電対策に一役如何ですか?
遠州屋材木店へのリンク
株式会社遠州屋材木店
プロフィール
遠州屋材木店は、昭和33年創立の東京都調布にある材木店です。

ensyuya

Author:ensyuya
東京調布材木店の日常から木材の現状、木の真実、木のリフォームなどについて綴っています。

-ただの材木屋で終わりたくない
遠州屋材木店-

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード